昔は肌を日焼けした肌の方が良いと言う風潮があったので今は手入れが大変です

近年では紫外線から肌を守る事が当たり前になりましたが、今の4、50代の方が若い頃は、
日焼けした肌がいいという風潮もあり結構焼いている人が多く、
私自身も若いころは紫外線に対して無頓着だったと思います。

しかし、そうしたつけが出てきたのは30代後半になってからのことです。

年齢とともに代謝が落ちるせいか、シミができやすくなったり、増えたり、一度出来ると消えにくくもなりました。
身体の腕や肩、顔にも小さなシミが少しずつ増え、元々色が白い為、余計にそれが目立ちました。

何もしなくても、シミにならない人もいますので、個々の肌質というのもあるのだと思いますが、子供の頃から色白で紫外線に弱く、日焼けすると肌が赤くなりやすかった為、本来なら紫外線に対する感受性が強く、あまり焼かないほうが良い肌質だったかもしれません。

シミがあるとどうしても老けた印象になり、肌全体がくすんで見えがちで、何かしなくてはと思いケアを始めたのが数年前です。肌質がやや敏感な方なので、基礎化粧品を一気に別のものに変えると肌に合うか不安がありましたが、現在のお手入れに組み込んで使えるということで、資生堂のHAKUという美容液のサンプルを頂き、試してみたのがきっかけでした。

サンプルで数回使ってみただけでシミがすぐにどうにかなるわけではありませんでしたが、まず水々しくべたつかない使用感が良く、2,3日使用を続けたら肌がワントーン明るくなったように感じ、くすみが改善されたことを実感できました。
年齢的に、基礎化粧品はエイジングケアの製品をベースにしていますが、これだけは組み込み、継続して使用しています。
美白ケアをすることによって、日常生活の中で紫外線の影響を意識するようになったせいもあるかと思いますが、使い続けて数年が経ち、昔からあったシミは以前に比べて薄くなり、現在、新たなシミは予防できているように感じます。
シミの元になるメラニンが作られるのは、紫外線を浴びて数日後からといわれますので、根気よく日々のケアを続けていくことが大切なのかと思っています。

何故私が美白をするようになったか!!

黒い肌がコンプレックスだった

私は小さい頃からとても日焼けをしやすく、日焼けするとすぐ黒くなるのでそれがコンプレックスでした。

肌の白い人がとても羨ましいと思っていました。

肌の白い人は日焼けを私よりしているのに白く、私は日焼け止めなどまんべんなく塗っているのにどうしてこんなに黒くなるんだろうと思いました。

中学生の頃、テニス部だったので紫外線をたっぷり浴びていました。日焼け止めだけでは紫外線をカットしきれず、また汗もかくので塗り直さなければいけません。

中学校を卒業した時には薄いシミもできてしまってもう治らないのかなと思っていました。

bihaku06

高校生になって美白化粧品を使い始めました

肌が白くなりたいという思いは高校生になってもあり、美白の化粧品を使い始めました。

高校も自転車で通っていたので紫外線を浴びていましたが部活ほどの長い時間は出ていないので化粧品を使い始めて少し効果が出ました。

それからはアルバイトなどをしてお金を貯めて、高めの化粧品で効果があるものを買うようになりました。

資生堂、コーセー、ソフィーナなどでカウンセリングを受け、お姉さんに化粧品の説明や、肌の状態などを見てもらったりするようになりました。

定期的に見てもらって前より肌の状態がよくなるとうれしく思うようになりました。

高校の頃は、ニキビができてしまったりということも時々あり、美白化粧品を使うとニキビ跡も薄くする効果もあるということで使い続けていました。

使い続ける事によって薄くできてしまっていたシミもほとんど分からないくらいになりました。

化粧品の効果を出す為には!!

化粧品の効果を出すには、まずはキメを整えて化粧品の入りをよくする必要があるので今はスキンケアにも力を入れています。

時々エステなどもしました。日ごろのスキンケアと時々やるエステで今は白い肌を手に入れる事ができました。

周りの人からも肌きれいだねとか肌白いねと言われるようになり、自分ではとても満足しています。

一時期ガングロが流行ったりしていましたが、私はこれからも美白一筋でいきます。