フォトフェイシャルは肌の様々な悩みを解消できる施術

顔のしみで困っていたという人は、しみを解消するためにフォトフェイシャルをしてみるという方法があります。フォトフェイシャルは、フィルターを通した専用の光を照射することで、美白効果や、リフトアップ効果が得られル美容施術です。顔にしみやそばかすができると、すぐに消すことは困難です。お肌のお手入れや、時間の経過などが、本来は必要になるわけです。フォトフェイシャルは光を照射することで、シミの原因となるメラニンに反応します。メラニンなどの色素にのみ反応する光によって、数日後にしみやそばかすが浮き上がってきたような状態になります。浮いた色素を下手に刺激せずに様子を見ていると、いずれ皮膚から剥がれ落ちます。その場所は、色素もなにもない白い肌になっています。かさぶたを気にしていじったり、無理に除去すると、皮膚にダメージが及びます。メラニン色素の全てが一回のフォトフェイシャルで取り除けるものではありませんので、1カ月おきぐらいにフォトフェイシャルを受けるといいでしょう。フォトフェイシャルを受けることで、しみやくすみのない白い肌になるだけでなく、お肌の弾力が増したり、皮膚がキメ細かくなったりもします。他の美容施術に比べてダウンタイムが少ないのが特徴で、すぐにメイクをすることができます。レーザーによる美容施術のようにテープを張ったりという事は必要がありませんが、施術後は肌が敏感になっているので、保湿をする必要があります。日焼けどめクリームをしっかりつける、太陽の光が強くなりそうな時間帯に屋外で活動しない等の工夫が、フォトフェイシャル後には重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です